ジャンボ第1クワッド

4-CLD-B ジャンボ第1クワッド

◆名称 ニセコアンヌプリジャンボ第1クワッド
◆許可年月日   1992年(H4)8月25日
◆運輸開始年月日 1992年(H4)12月18日

  1. キロ程    1,117.18m
  2. 高低差    256.80m
  3. 支柱数    20本
  4. 輸送能力   2,400p/h
  5. 速度     4.0m/s
  6. 搬器台数   不明
  7. グリップモデル(握索機) DS104(DS1)
  8. 山麓     建屋 原動緊張(車庫線)
  9. 山頂     建屋
  10. 主原動機   360kW
  11. 索道メーカー 日本ケーブル
  12. 回転方向   時計
  13. 定員     4名
  14. 方式     単線自動循環式(4-CLD-B)
  15. 事業者    中央観光バス(株)

図1.1 山麓停留所①2016図1.2 山麓停留所②2016図1.3 山麓停留所①2017図1.4 山麓停留所②2017

図2.1 山頂停留所①図2.2 山頂停留所②図2.3 中間図2.4 銘板

概要
ジャンボ第1クワッドはニセコアンヌプリの下部をカバーする高速リフト。ニセコアンヌプリは台地上の斜面に切り開かれているために、明るくのびのびとした斜面が特徴で、ガツガツ滑るよりクルージングに適しているスキー場。そのアンヌプリスキー場の下部から中腹部に架けられているのがジャンボ第1クワッドで、緩斜面もあり、最下部には上級者コースもあり、非常に効率が良いところに架けられている。

図3.1 乗車風景①

図3.2 乗車風景②

図3.3 乗車風景③

図3.4 乗車風景④

図3.1は山麓停留所付近の画像でアンヌプリスキー場の最下部の斜面の落ち込みがわかります。